ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

雨漏りの原因を探せ!

台風の季節に入り雨が多くなってくると思いますが、
皆様のお家は雨漏りなどしていませんか?

雨漏り状況をそのままにしていると、内装等の汚れだけに
留まらず、家の大切な骨組である柱・梁などの構造部材の
耐久度耐震性悪影響をおよぼす恐れがあります!

また、家の天敵 「白蟻」も雨漏り後から浸入する場合があります。
 
 濡れて湿気を含み、柔らかくなった木は白蟻等にとって大好物であります。
雨漏りしている状況をそのまま放置すると、ちょっとした隙間から白蟻浸入
を許してしまい、気付いた時、すでに白蟻に喰われてしまうという心配が!

『あ、ちょっと居間の壁が濡れているわ!何故か湿気がとれないわね?』
『最近、寝室の壁紙が少しはがれてくるんだよなぁ・・』といった悩み。。。

是非、当社に相談してみてください!
私共の持てる力を注ぎ込み解決いたします。

それでは今まで私共が見てきた雨漏りの事例を解説と共に紹介していきます!


鳩ケ谷市 H様邸雨漏り補修 

   

     
    

雨漏り箇所確認
部屋内から見ると雨漏りで壁の色が変わってしまっている状況を確認。
そこで天井裏を覗いてみると水に濡れて木が変色している箇所を発見!雨は、そこから浸入していると予測し、ホースで慎重に水をかけながら場所を特定し、雨水浸入穴を探します。
雨漏り箇所確認
丁度濡れていた所の外部は、バルコニーに面してあり、雨戸の戸袋の下端に隙間が空いてしまっている状況を確認ができました。
デジカメでその穴の写真を撮影いたします
雨水侵入箇所は、バルコニー防水の立上り部と水切りの境目部分のちょっとした小穴です。


    
隙間充填
隙間をコーキング材埋めて問題解決です。
充填完了
しっかりと隙間穴を、防水コーキング材で埋めて水の浸入をくい止めることが出来ました!大事な家もこれで安心です!


川口市I様邸雨漏り補修

雨漏り箇所確認
このお宅では雨漏りにより、壁紙が水分を吸ってしまって変色していました。
更にこの写真では見えませんが天井板は垂れ下がってきている状況でした。
そこで天井裏を覗いてみると、やはり雨漏りの形跡が見て取れました。
屋根を確認すると、瓦のズレや割れ、破風板・下地材が腐っていました!

雨樋もハズれてふらふらの状況も見て取れます!
 


屋根の全面改修となると、仮設足場や既存瓦処分等にも費用がかかり、
施工金額も多大となり、お客様の考える予算をオーバーしてしまうため、
今般は、不具合部分のみの補修改修工事を行うことといたしました。

一部補修とはいえ、雨漏り原因部分の改修は気を抜けません。
再び雨漏りすることの無いように、念入りに補修いたしました。

不具合箇所改修工事

    腐食部交換工
 


   下地補修+瓦交換

            棟瓦積み直し等

補修工事完了
新しく下地を組み、その上をモルタルで仕上げて塗装で完了です!
雨樋もしっかり固定し、確実に排水できるようになりました!
割れていた瓦、そして腐っていた下地材等を撤去。
棟瓦も積み直し、部分的に瓦も新しく交換しました。

『見た目も良くなり、雨水浸入の問題も解消し、とても満足です!』

家に関するお客様の悩み事を解決し、大変喜ばれました!
このように雨漏りの原因も様々です。
もし少しでも気になるところがあれば、是非相談してください!



雨漏り原因調査から、歴史的建物の調査まで、何でも承ります。
お気軽にご相談くださいませ!

ご相談は下記メールでお待ちしています。
 
『助之丞が走る!』
家に関するご相談を承ります。


『居心地の良いとこを探せ』写真ブログ
YOU夢工房 ㈲高廣建設一級建築士事務所  雄設計工房
埼玉県知事登録 (4)第5821号 管理建築士 一級建築士 髙杉 雄一 第246489号


フッターイメージ
inserted by FC2 system